”横浜の”ほりえもん日記

Entries

司法書士のほりえです。

本日は最近少しずつ話題になってきている「家族信託」についてお話します。

「家族信託とは」

そのままで、「家族に財産を信じて託す」という意味です。

よく「〇〇信託銀行」などが「遺言信託」とか「投資信託」という宣伝を行っておりますが、それに少しだけ似ています。
もっと自由に、もっと小規模に、もっと手軽に、家族で仲良く財産管理・財産処分していく制度、それが家族信託です☆


家族信託という仕組みを分かりやすく言ってしまうと現存の遺言や成年後見制度のデメリット部分を補う効果が期待できるんです。

例えば

・自分が認知症になり介護費用がたくさん必要になったとき、後見制度を使わずにいつでも不動産を売却できるようにしておきたい(老後対策)
・家族に財産管理・処分を生前に任せることができる(相続税対策)
・自分が認知症になる前に財産管理を任せることができる(後見対策)
・自分の死後でも財産の分配などを任せることができる(相続対策)

こんなところでしょうか?


家族信託はあくまで契約ですから、自由にその人その人のニーズにあわせたプランを組むことができます。


ただし、当然デメリットも・・・・・典型的なのは
・財産管理を任せることができる家族が必要


他にもありますが、これが一番でしょう・・・

司法書士などが信託財産監督人のような立場でチェックすることもできますが、あくまで財産を預かるのは家族である必要があります。

これを専門家に任せると、専門家は信託業者である必要がありますからね・・・信託業の登録となればハードルが少々高くなってしまいます。。。


この家族信託、最近注目されてきており、今後は活躍の場が増えてくると予想ができますね☆


「後見制度までは嫌だから」とか

「遺言だけでは不安だから」とか


なお、後見制度とは違い、家族信託は本人の意思がしっかりしていないと活用できませんのでご注意ください<(_ _)>


最近家族信託に関連するご相談をいただいたので、アップしました☆

気になる方はご相談くださいませm(__)m


相続・介護関係はどんどん新しいスキームが増えてきますね!
私ももっと勉強しなければ(^0_0^)


ではでは
横浜西口アシストHP
ランキングアップにご協力お願いします
↓↓宜しければクリックしてください☆
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
スポンサーサイト

プロフィール

堀江直樹

Author:堀江直樹
司法書士・土地家屋調査士横浜西口アシスト
司法書士堀江直樹です
お気軽にご相談ください
代表電話:045-620-2505
各種フリーダイヤル
(債務整理)0120-71-3160
(登記・相続・遺言)0120-91-3253
(その他)0120-91-3353

URL http://yokohama-law.com/

ランキングアップにご協力お願いします
↓↓宜しければクリックしてください☆
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 堀江直樹